スローライフのことを考えると妊娠葉酸サプリについて認めざるを得ない俺がいる

スローライフのことを考えると妊娠葉酸サプリについて認めざるを得ない俺がいる
HOME >

メニュー

妊娠したい女性が出来る準備はこんなに沢山ある



妊娠したい女性が出来る準備はこんなに沢山ある

近年の少子高齢化の進展とは裏腹に、結婚してからとにかく早く妊娠したいと思う女性達も増えてまいりました。

そのよな早く妊娠したいと日々思っている女性達の姿を見るにつけ、本当に今の日本は子供を産みたいと思う若者達がどんどん少なくなってきているのか、疑問に感じざるを得ないものであります。

ところで妊娠したいと思ったからには、実際の妊娠出産に向けて様々な準備をしておいて、いざ妊娠出産となった時に少しでも慌てずにスムーズにこなすことが出来るようにしておく必要があります。

実は女性が妊娠出産に向けて妊娠前から出来る準備は沢山あるのです。


例えば妊娠前から既にドラッグストア等で売られている葉酸のサプリメントを購入して毎日飲むようにするのも、妊娠前から出来る準備の一つです。

葉酸は胎児にとってとても良い栄養分が豊富に含まれています。

そして葉酸のサプリメントというのは妊娠してから飲み始めるのではなく、妊娠前から飲み続けていた方がより本来の力を発揮できるものなのです。

なのでまだ妊娠していなくてこれから妊娠する予定のある人は、まずは何よりもドラッグストア等に足を運んで葉酸のサプリメントを入手して飲むようにすると良いでしょう。


それから妊娠中は普段よりも腰が痛くなってしまいがちです。

もちろんお腹がどんどん重くなっていきますので、腰が痛くなってしまうのは無理もありません。

元から腰痛持ちであった女性にとっては、尚更腰痛の症状が重くなってしまいますので辛いものです。

酷い場合にはぎっくり腰にまでなってしまう場合だってあるのです。

このような腰痛やぎっくり腰を少しでも予防する為に、妊娠前から腰に当てるクッションを買っておくようにしましょう。

特にオフィスワーク等をしている女性であれば、一日中椅子に座りっぱなしということで腰が痛くなりがちです。

そうならない為にも、少しでも痛みを和らげる為にも、腰に当てるクッションが有効的なのです。

ショップに行けば可愛くて思わず癒されるようなデザインのクッションが沢山売られていますので、気分転換としても一度足を運んでみる価値があります。


それからとにかく妊娠しやすい身体にする為に、生活習慣を今一度見直すことも必要です。

特に生活習慣が乱れているとストレスが溜まりやすくなり、ストレスが溜まるとなかなか妊娠しなくなってしまうことだってあります。

なので出来るだけ日々を笑って過ごし、来たるべき妊娠出産に備えるようにすることが大事です。


葉酸不足 胎児

妊活と年齢の関係、成功の鍵



妊活と年齢の関係、成功の鍵

高齢出産する方が増えている現代において、妊活という言葉が益々ポピュラーになってきました。


それには女性側と男性側の妊娠における役割、仕組みが異なるから、という理由があります。



女性の卵子は、女性がお母さんのお腹の中にいる時にすでにあるところまで分化成長しています。


つまり、女性の卵子は、女性と同じ年齢を重ねている、ということになるのです。



女性が生まれた時に持っている卵子の数は実に200万個と言われます。


ですが年齢と共に減って行き、二次性徴が始まる頃に数は20万個程度と言われています。


もちろん妊娠するには十分な数です。

ただ、卵子はそれからも徐々に減っては行きます。



年齢を重ねた卵子で問題になるのは、肌などと同様に老化が進むことにあります。


加齢を重ねると、卵子・卵巣の機能が落ち、妊娠しにくい、継続しにくい、ということも増えてきます。


ですが、すべての卵子がそうなるわけではありません。



それでは、妊活で成功するにはどうしたらいいのでしょうか。


それはやはりタイミングです。



卵子は排卵後、24時間以内に受精しなければ妊娠は成立しません。


また、精子は逆に、射精後も平均しても3-4日は生きることがわかっています。



ですがやはり、妊娠しやすい期間というものはあるものです。


排卵後の卵子で言えば6時間以内、精子であれば48時間以内、に双方が出会うことがベストになります。


それ以降になってくると双方が老化しはじめるため、妊娠の可能性が下がってきます。



ではいつ性行為を持つことが最も有効か。


それは実は排卵日当日ではなく、排卵日2日前であり、その確率はなんと4倍。


精子が卵管にたどりつき、妊娠可能になるのにかかる時間は5-6時間程度、卵子の老化が排卵後6時間程度で始まる、ということをがその理由です。


排卵した時点で精子が準備万端な体勢で待っている、ということが最も効率的ということです。



では、排卵日はどうやって特定するのがいいのでしょうか。



受診して卵胞を測ってもらう。

これが最も正確ですが、毎回受診するのは大変です。


自分でも予測は可能です。



まずは基礎体温を測ること。

それで高温相が10日以上あれば大まかに卵巣がきちんと機能しているという目安にもなりますし、周期も見えてきます。


ただそれだけでは排卵を特定することは難しいですので、排卵検査薬を一緒に使うと便利です。


排卵検査薬は排卵前のホルモンの変化に反応しますので、陽性になったら排卵が近いという証拠。


そこから性行為を頻繁に持てば、排卵二日前に性行為を持つ、ということが簡単にできるようになってきます。



自分の周期、妊娠の仕組みをしっかり知り、妊活を是非成功させたいですね。


妊娠 葉酸サプリ

妊活中の豆知識



妊活中の豆知識

妊活とは何かというと、妊娠をするために進んで活動する事です。

妊娠しやすくするために生活習慣を見直したり、体作りに努める事です。

子供は35歳までに産んだ方が良いとされています。

なぜかというと、排卵や卵胞ホルモンのエストロゲンは35歳から減少し始め、40代ではさらに減少してしまうため不妊の原因にもなり、流産の確率も高くなるとされているからです。

妊活の大敵は冷えです。

体が冷えているとなかなか妊娠しなかったり、妊娠しても流産してしまうなどのリスクがあります。

女性の体は生理と排卵がほぼ毎月起こります。

これらによって女性ホルモンが乱れやすくなります。

女性ホルモンが乱れてしまうと、体温の調節がうまく出来なくなったり、血行不良により冷え性になってしまいます。

妊娠に関わる黄体ホルモンは、体が冷えていると分泌量が少なくなってしまうので、黄体ホルモンが少なくなると妊娠しづらくなったり流産しやすくなってしまうという傾向があります。

ですから妊活で1番大切な事は、体を内側からも外側からも温めるという事です。

暖かい日でも足先を冷やさないように靴下を履いたり、お腹周りや腰部分を冷やさないように腹巻をする事を心掛けると良いです。

また、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を摂取する事を心掛け、カフェインの多いコーヒーなどはなるべく避けると良いです。

そして入浴の際は、少しぬるめのお風呂に長く浸かり体の芯から温める事がとても大切です。


他に妊活中にすると良い事は適度な運動です。

体の冷えの改善やホルモンのバランスを調整する事が目的なので、激しい運動ではなく毎日ゆったりと続けられるものが効果的です。

例として、ヨガ、ストレッチ、ウォーキングなどがあります。

ヨガは、ゆっくりとした動きで無理なく体全体を使い、自宅で簡単に出来るので最適です。

リラックス効果もあり、ホルモンのバランスを調整する体勢もあるため妊活中の女性には魅力的な運動の方法です。

次にストレッチは、体全体の血流を良くするため、妊娠しやすい体を作りやすくします。

お風呂からでた後にストレッチすると、血流が最も促進されるので効果的です。

10分程度で良いので毎日続ける事が大切です。

そしてウォーキングは、下半身の血流を促し血行が良くなり、子宮を温めるという効果があります。

腕を大きく振って歩くと全身の運動にもなります。


補足として、毎日基礎体温を測る、バランス良い食事、規則正しい生活、十分な睡眠、ストレスを溜めない事が大切です。


妊娠初期 葉酸

メニュー


Copyright (C) 2014 スローライフのことを考えると妊娠葉酸サプリについて認めざるを得ない俺がいる All Rights Reserved.